読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エイプリルのたわごと

本や映画が好きな派遣社員兼アルバイターが書いています。

ぼくらはいつだって二重思考

読んでいた『一九八四年』を一旦おいて、虐殺器官〔新版〕 (ハヤカワ文庫JA)を読了。今からから映画をみてきます。

(ぜんぜん関係ないけど、TOHOシネマズ日本橋って、レイトショー割引ないんだね・・)

 

ネタバレになりそうなのであまり詳しくいえないけど、主人公の母に対する懺悔感が、似ていて、途中なんとなく頭がごっちゃになりました。

 

そんなごっちゃになりながら、ふとおもったこと。

最近、特にトランプが大統領にきまってから『一九八四年』の世界が、物語の枠をこえて現実化してる・・!っていう風潮があるとおもってて(それで再びベストセラーになってたりするって流れかと。)、たしかにわかるなあ、ふむふむと思いながら読んでいたわけなんだが、この本にでてくる「二重思考」。

 

ウィキペディアで検索すると

「相反し合う二つの意見を同時に持ち、それが矛盾し合うのを承知しながら双方ともに信奉すること」 

 とでてくる。

 

「二重思考を用いて、自分、他人をうまくコントロールし、あるべき姿へ誘導する」みたいなかんじでつかわれている。

素直に読み進めていると、これは危険な考え方だなー、と思ったりするわけなんですが。

 

 

でもよく考えてると、自分もこういうことはごく日常的に行なっていたりする。しませんか?私だけでしょうか。

 

 

 

たとえば。

 

・自分が使ったこともなく、いいとも思っていない商品を何万点と売るために寝食削りながらはたらく。

(営業しかり、広告しかり)

 

とか。

 

 

①なんの愛着もない商品があり、この商品を世の中にひろめる必要性を感じていない自分

 

 

がいる一方で、

 

 

②この商品はとてもよい商品で、ぜひ、みんなにつかってほしい。どうすればこの良さがみんなに伝わるのか。

 

 

と必死で考える自分がいる。

 

 

 

 

 

これも一種の二重思考なのかも、と。

 

 

 

 

①だけ追求できる人は、ごくごく限られた人間で、多くの人は生活のためにと割り切ってサクサク働かなきゃいけないわけです。たいていの人は①と②両方の板挟みを感じて、悩んでしまうこともあるだろうし。なんでもそりゃ思い通りにはいかないわけですが。

 

 

ただ、二重思考というものは、自分で自分を守るために自ら発動させてる場合もあるんだな、そしてそれはごくごく身近にあるもんだな、と思いました。

 

 

っていうか自分の場合、いつだって自分を正当化できるもう一つの視点を探しているような気がします。

第二次世界大戦で日本とドイツが勝っていた?! アマゾンプライム『高い城の男』

 

エンジニアの宮川達彦氏の運営する『Rebuild』というテクノロジー系のポッドキャストがおもしろい。全くもってテクノロジーには疎い人間でも、テクノロジーのことがわからなくても、このポッドキャストはおもしろい。

 

アメリカ在住の日本人エンジニアの方たち(なんだと思う)が、ゲストで登場して、宮川さんと雑談?しているのだけれど。ゲストによってトーク内容に色がある。社会派の人とか、すんげいソフト?プログラム?を開発したっぽい人とか、SF好きの人とか。

 

その辺の分野に弱いので、ソフトとかプログラムとかアプリとかそういうもののちがいは何一つわかってない人間なんだけど、どういう番組かっていうと、

とりあえず「シリコンバレーとかで第一線で活躍している人たちが、ホットな話題を雑談している」みたいな番組。

 

 

で、その番組ではアップル製品の新しい機能とか、もっと難しい話とかもあるんですけども、SFとかアメリカのドラマのこれがおもしろい、みたいな話もちょくちょくあって、地味に楽しみにしています。

 

(IT系の人は皆SFが好きなのかな?)

 

 

で、先日紹介されていたのが、こちら。いまプライムでシーズン2までみれます。

 

www.amazon.co.jp

 

こちらは原作。

高い城の男 (ハヤカワ文庫 SF 568)

高い城の男 (ハヤカワ文庫 SF 568)

 

 

 

第二次世界大戦で日本とドイツが勝利した戦後、という設定で物語が始まります。アメリカの東側はドイツが、西側は日本が占領しているって状態。

 

映写機でうつすフィルムに謎があるらしく、それを巡って警察(憲兵隊)とかスパイとかレジスタンスとかヤクザとかみんなそろって、ドロドロする感じ。

 

設定とか、まだまだこれから謎が暴かれていきそうな感じがワクワクするので、おもしろい。

 

ただ、人間性をえぐりだす深さみたいなものは、ウォーキング・デッドの方が深いかんじがします。いまのところ。生死の瀬戸際を迎えすぎるんですけどね、あのドラマは。

死にかけるからこそ、その人の本性がでてきて、人間の弱さとか意地汚いとことか、描き出してるので、個人的にとても好きです。そこまで落とし込んだ脚本になってるってとこがいいなと。

 

ドラマだと細かい設定は飛んでるかもしれないから、原作を読んでみたらおもしろいかもしれない。今読んでいるSFよみきったら、読んでみようかなー。

どこに住むか考えることは人生を考えること『東京どこに住む?』

 

関西から東京にきて数年経ちましたが、友達のほとんどが西側に住む中、最初から東側に住んでいます。下町っぽさがなんとなくよかったので。

 

東京は、「何区に住んでるか」「どの電車をつかってるか」で、だいたいのランクがわかる、みたいなことをきいてふーんと思ってたんで、次の引っ越しの参考にでもなればと軽い気持ちで手に取りました。

 

 

まえがきと第1章と第5章はおもしろいとおもいました。(目次詳細はアマゾンにのっています)

 

---

個人的にいちばんおもしろかったのが第5章。タイトルにした「どこに住むか考えることは人生を考えること」だな、とあらためて思わせてくれたのが、この章だったかと。

 

教育や環境など高い家賃に代えても重要な価値、「他人の近くにいる」ことが「学び合い」という効用を生む、などうなづけることが書いてありました。

 

移住には投資と似た面がある、ってこの本(年収は「住むところ」で決まる 雇用とイノベーションの都市経済学)に書いてるらしいけど、完全に同意。読んでないけど。 

 

 

私は1日2つ仕事をしていますが、これは、

-家と職場がちかい

-職場1と2が徒歩圏内

のため成り立ってます。

 

さらに、このスタイルを維持するには、「気晴らし」とか「学び」が必要になってきます(私の場合)。それも、やっぱり都心に近めのところにすんでいるメリットは大きいなと思っています。

 

例えば図書館も、千代田区や中央区図書館は夜遅くまで空いていて利用しやすいし(他区民ですが職場がそのへん)、公共系・役所系の施設もまとまっているので、仕事への差し障りも軽度。

 

定期を買っているので、休日の買い物やあそび、お稽古なども、だいたいそのエリアで済ませられる、などなど。

 

自分の話でいうと、お稽古をやるまでの余裕はないものの、仕事でもプライベートでも自己投資できる環境は、大切だとおもっています。もっと余裕をつくってお稽古もはじめたい。

 

仕事がいそがしいほど、プライベートを充実させたくなるものですし、遠くまでいかずとも、学びを得られる場所に住む、というのはたしかに、高い家賃を払ってでも、という人は少なからずいるだろうとおもいました。

--- 

 

まえがきでは、本書のテーマ設定を詳細にしめしてくれています。

 

たとえば、

「引っ越し」と「人口移動」のあいだにある、データにあらわれない社会意識やライフスタイルの変化へのアプローチ。 

「どこに住むべきか」というガイド的なものというよりむしろ、人は何を指標として住む場所を決めているのかというその「考え方」に迫る 

今起こっている東京への人口集中はどういったルールの変化、社会の変化がもたらすものなのか。(中略)世界のどのような動きとリンクしているのか。 

 など。

 

 

このあたりをぱらぱらみて、読んでみるかーとなりました。

 

---  

 

第1章は、23区を各種指標(平均年収、人口増加率など)で色分けした地図や、23区人口増減表など、いろんなデータをしめしてくれていたので、東京の地域に肌感覚のない関西人がよむと、新鮮でした。

 

 

---  

 

読了後、アマゾンのレビューをチェックしてみましたが、おもったより厳しめ。

全体的には著者の視点が、偏っていたかんじはありました。

 

ただ、著者自身、

これは田舎者が書いた都市礼賛本である。過剰に都市のメリットについて書き連ねてきたが、その辺りは適度に織り込んだり、さっ引いたりして読んでいただければ幸いだ。

そもそも、近接性は何にも優る価値というわけではない。むしろときには疲れるものでもある。遠くに行くことも近接性と同様に価値を持つ。

と、あとがきに書かれてます。

なので、わかりやすさ重視でふりきった内容にしたのかなとおもいました。

 

久々に新書をかいましたが、サクッと読めるし、新聞のコラムのちょっと深読み、といったかんじでたまにはおもしろいなと思いました。

なぜ都会に住みたいのか

 

最近、田舎にくらしたいという人や、古民家を買ってあちこちいじりながら田舎暮らしを満喫している人もふえてきたみたいですよね。

 

田舎暮らしの反対といえば都会暮らし。

私は生まれてからこれまで、都会にしか住んだことがない。自分がそこまで都会人だという自覚もなかったけれど、大学や社会人になってまわりの人の話をきいていると、たぶん結構な都会っ子なのだとおもう。(どっちがいいとかは、全然ない)

 

なので、都会にものすごく憧れてどうしても住みたくて、もしくはその逆、も特になく、当たり前のようにずーっと都会で暮らしているし、できればこの先も都会がいいと思っています。

 

もちろん、森の空気をすったら元気になるし、萌える緑をみれば腹の底からリフレッシュするし、キレイな星空をみれば骨の髄まで透きとおったようなきもちになる。

 

駅から5分が当たり前で、スーパーも図書館も本屋も区役所も珈琲豆を買う店も、なんでも徒歩圏内。美術館やギャラリーもたくさんあって、自分が観たいと思えるものに出会える、それが都会暮らしのいいところだとおもう。

 

ただ、ゼロからなにかをクリエイトしたい、という人にとっては、何もかもが枠におさめられようとしている都会はおもしろくないのかもしれないなあと想像してみたりします。

 

なにかをみたりきいたり、よんだり、吸収するのが好きな人には都会には情報があふれているのは、魅力的なんじゃないかな。今の私は、そう。

 

なにかを発信できるようになってみたい、とおもうけど、今はいろいろ知るのがたのしい。

 

 

だから都会に住んでいたいのかな、と思います。

 

読書感想『裸でも生きる』〜25歳で読むのと30歳で読むのと〜

 

自分が以前はたらいていた出版社の社長や、そのまわりのすごい人たちが言っていた言葉で印象的なものがある。

 

「35歳まではずっと孤独だった。35歳になった途端に、ぜんぜん別の分野で頑張ってきた人たちと、どんどん繋がりはじめた。そこから仕事がおもしろくてたまらない」

 

だから孤独でもなんでも、なにかいいことあるかもと思ってもがきつづけること。

それを体現し続けている方がいらっしゃいます。MOTHERHOUSE代表兼チーフデザイナーの山口絵里子さん。

 

最新の『輝ける場所を探して 裸でも生きる3 ダッカからジョグジャ、そしてコロンボへ』も発売されていますが、2007年に書かれた、こちらを初めてよみました。

裸でも生きる――25歳女性起業家の号泣戦記 (講談社BIZ)

裸でも生きる――25歳女性起業家の号泣戦記 (講談社BIZ)

 

 

読み終わったときの感想は、「これまでよまなくてよかった」ってこと。

 

ものすごいエネルギーの持ち主で、心が折れまくってもひたすらにがむしゃらに向き合える力のある人。若さも大きく影響しているとおもうけれど。

 

これをもし自分が若いころに読んでいたら、まちがいなく感化されて、まちがいなく心が折れていただろうとおもう。今とはちがった世界が見えていただろうし、もっと幸せになったかもしれない。

 

でも、自分の場合は、少しおちついた今だからこそ、いい刺激をもらえる本だと思えました。

読書感想『青い眼がほしい』〜見たくないものをみること〜

こんにちはー。

まとまった時間がとれるたとき、小説を読もう、という気になります。

 

ずっと気になっていたので読んでみました。

アメリカの黒人作家として初めてのノーベル文学賞を受賞した、トニ・モリスンのデビュー作です。著者のあとがき、もすばらしいです。彼女が試みたことが彼女の言葉で説明されています。

青い眼がほしい (ハヤカワepi文庫)

青い眼がほしい (ハヤカワepi文庫)

 

 

 

 

 

アマゾンの商品紹介では、以下のように書かれています。

誰よりも青い眼にしてください、と黒人の少女ピコーラは祈った。そうしたら、みんなが私を愛してくれるかもしれないから。白い肌やブロンドの髪の毛、そして青い眼。美や人間の価値は白人の世界にのみ見出され、そこに属さない黒人には存在意義すら認められない。自らの価値に気づかず、無邪気にあこがれを抱くだけのピコーラに悲劇は起きた―白人が定めた価値観を痛烈に問いただす、ノーベル賞作家の鮮烈なデビュー作。 

                                

 

白人社会の生み出した価値観との摩擦、というより、マジョリティーによってつくられた、もうできあがってしまった社会的ヒエラルキーの下層社会のリアル、そんな印象をうけました。

 

 

簡単な感想でいうと、結構読んでてしんどかったです。人間の弱いところがたくさんかかれていて。それもとてもリアルなかんじでした。まざまざと見せつけられるかんじがした。自分だけの世界に留めておきたいと思うような、恥ずかしいこと、自分でもそれが本当です、と認めたくないこと。 誰にでもあるそういうところに執拗に焦点をあてられているような。

 

私がうけた印象はこんなかんじ。

 

自分のあたまで考えることを放棄した人たちがいた。本人だけが悪いわけではない。生まれてすぐに捨てられたり、醜く生まれつき家族からさえひとかけらの愛情ももらわなかった人。幸運な出会いや慰め、助けがなかった人。そんな人たちの愛や憎しみ、絶望にあきらめ、いろんな感情が錯綜する。社会の主流にうまくなじめない彼らは、内向きになる。混乱した感情が発散されることはない。静かな狂気に昇華され、弱いものへとむけられる。そして繰り返される。私たちの生きているこの世界の知らないどこかで。知ろうとしないところで。私たちはそれに目をつむることによって、なかったことにすることによって、知らないふりをすることによって。見たくないけれど信じたくないけれど、想像に難くない。なぜか。それは、真実のひとつだということをちゃんと知っているから。私たちも彼らも、それが本当だと認めたくない。彼らは自分の中の真実をねじまげることによって(人はそれを狂気とよぶ)、私たちは目を背けることによって、無防備な自分を守っている。

※ここでは、自分はこの本にでてくる人たちより、相当恵まれているなと思ったので、彼らと私たち、という線引きをしました。 

 

 

 

見たくないものをみる、というか現実を直視する、ということって大切だなーと思いました。悲観的に捉える・楽観的に捉える、その捉え方はその次のステップであって、いま自分のおかれている状況を、冷静に確認するってすごく大切。

 

世界の隅々でおこるたくさんのことに目を向けるのは、難しいけれど、イライラするとかワクワクするとか、そういった感情ぬきにした、冷静な視点をもっていたいと思いました。

読書感想『LIIFE SHIFT』〜老いることについて思うこと〜

あけましておめでとうございます。

 

 

年末年始で『LIFE SHIFT』 を読みました。

本のあらすじ的なレビューは、たくさんあると思うので、ごく個人的な体験を書きます。

 

LIFE SHIFT(ライフ・シフト)

LIFE SHIFT(ライフ・シフト)

 

 

 

この本を読みながら、実家に帰省していたこともあり、「老後」というか「老いること」についてのリアルさをかんじた数日でした。

 

 

自分も30歳をすぎているので、親や祖父母はそれなりに「じいちゃん・ばあちゃん」な見た目になっているんですが、今回は「精神面の老い」というのか「ジェネレーションギャップ」というのか、見た目だけじゃなくて、「ああ、この人たちは自分たちとはもうちがう視点で世界をみているなあ」みたいなことを思いました。

 

ちがいを実感する、ということでちょっとネガティブな項目が多くなってしまうんですが、書きとめておこうとおもいます。

 

ただ、あとあとになって、実際の生活を観察させてもらえるって、滅多にないことで、いまの時点で将来のモデル像をみれたって考えると、意義深かったなと思えました。

 

  

社会的背景がちがいすぎる。 

ちなみに、『LIFE SHIFT』は人生戦略の本なので、「年のとりかた」も自分で選べるという前提で書かれています。社会的背景をふまえてジャンル分けされた世代。その世代の思考傾向と、これからの未来予測をしてくれている本です。個人差や、複雑性をますような細かい要素は抜きに語られているので(この点は本でも断られています)、極論ではあるかもしれませんが、少なからずあてはまっていくだろう、という実感を持てて読めたので、私としてはおもしろかった。

 

自分たちとその上の世代では考え方がぜんぜんちがって当たり前だ、と納得しました。

 

 

 

 

あたらしいものを受け入れられない。解決にむけて腰が重くなる。モノやムダが多い。

 

これ、毎回の帰省で口にはだせないださないけれどモヤっとするポイントです。

 

親戚とはいえ独立した家計を営み、自活しているわけなので、私が人様の態度にどうこういうことでもないなー、とおもって、モヤっとしながらも、まあ仕方ないか。。と諦めたりしていたんですが。

 

世代間で視点がちがう、個人でもちがう。それでもやっぱり「なんでこうもネガティブなんだよう!」と言いたくなってしまう。

これ、たぶん、「老い」のせいなんだなと思いました。

 

 

すべてを「老い」になすりつけてすみません。

 

強引であることは否めません。自分が60になったとき同じこと言ってみろ!ってかんじかもしれません。きっと素敵な年の重ね方をしている人だってたくさんいます。

 

がしかし、今の自分が、気をつけようと心におもったこと、それもまた大事だと思いたい。 

 

 

「老い」はだれにでもやってくる。だからこそ。

 

個人的すぎる例であれなのですが、私がよく体験するのは、

 

・紅白をみて文句ばっかり聞かされる。。

・携帯料金が高いというので、iijmioなどの格安simや、LINE/Facebookの無料通話を提案しても「個人情報が流れるからいや」という。。

・スーパーにいって何につけても高い高いと言い続ける。。

 

 

など。

 

実際そうなんだから仕方ないでしょ!と言われたらそれまでなんですけど、ピシャリ!と言い返すほどのことでもないし、言い返しにくいし、そうやってモジモジして聞き流してしまえーと思っているけど、ちょっとモヤっとするんです。。

 

その人、個人のせいではなくて、「年をとる」と「あたらしいものに否定的になったり」「あたらしいことをするのに腰が重く」なる要因は意外とたくさんあるな、と思ったんです。

 

それは例えば、「自分はここまでやってきた、という人生経験にたいする自負」「長い年月かけてできあがってきた価値観」「ものが増えすぎて身動きがにぶくなると同時い行動範囲がせまくなる」みたいなかんじのことかなって。

 

経験が豊富だから、これは仕方ないのかもしれません。

 

ぜんぶを「老い」にこじつけるのが、解決ではないですが、誰しもが通る道、というか、自分もふくめて自然とそういう傾向にはなりやすいから、気をつけよう、って思ったってことです。

 

 

 

できれば寛容でいたほうがいいと思う。(何かにつけ得だし気分もいい)

 

本当は、べつに文句言ったっていいし、何かに反発したっていいんだけども、あれだけ様々なことに否定的態度で居続ける、というのは、いろんな考え方ができるなかで、自分がネガティブなものばかりチョイスしていることに、たぶん気づいてないだけなんだろうな、って上から目線になっちゃいますが、思ったりしました。

 

何がいい、悪い、というのを、バシーン!と言えると見栄えはいい(面接とかプレゼンとかでは特に)んですが、必ずしもそうしなくてもいいと私は思います。いろんなものに寛容でいるということは、自分の選択肢をひろげることであり、基本的にハッピーなことなんじゃないかな。

 

自分の主張ができない、という弱さも、そういうふうに捉えることもできるわけです。

 

なにかを奪われることがこわくなったとき、人は寛容さを失っていくような気がします。社会の不寛容さが叫ばれるようになり(ベビーカー問題とか、日本は息苦しいとか)、同時にミニマリストがちょっと流行ったりしたのは、ちょっと関係がありそうにおもいます。

 

 

たとえばですが、個人的なモヤっとポイントが高い紅白ネタだって、

 

紅白って、ターゲットがものすごく広い。子供からおじいちゃんまでみんなが観る恒例の番組なわけで。なので全員に受け入れられるようにするのはとってもむずかしい。という視点からみてれば、もっとおもしろい話に展開していくこともできるでしょう。

 

老いはとめられない。せめて、気をつけるようにしよう。

 

難しいのは、こういう考えって主張したからって伝播していくものじゃないってところにあるとおもいます。

 

あまりにもインパクトのない解決策ですが、寛容な脳みそ・心をできるだけ長く持ち続ける、これ、大事だと思います。

 

いつなんどき、チャンスが目の前にきても、もしくは困ったことになっても、どんなときでもひらかれた心でいるにこしたことはないでしょう。

 

ひらかれた心というのは一朝一夕で身につくものではなく、日々の積み重ねがかなり大事になってくるはず。

 

 

自分はこれをがんばったほうがいいなと思ったこと

 

帰省のモヤっとについての考察と、『LIFE SHIFT』を読んでの、暫定解、これ頑張ろうとおもったことです。

 

 

・体力

→心の容れ物である体。健全で明るい精神をできるだけ長く維持するために必須。

 

・謙虚な姿勢

→経験からくる傲慢さを最小限に。経験が価値になることもあるけど、スピードや新しいテクノロジーなど、若者から、学ぶことが増えてくる時代になるはず。

 

・お稽古や趣味

→継続のいいきっかけになると思う。人から指導されることが年がいくほど減ってくるから、貴重な経験もできるはず。職場・家族以外での人との関わりもあったほうがいい。

 

 

『LIFE SHIFT』には、有形資産(お金とか)だけでなく、無形資産(健康な体、健康な精神、家族や友人との良好な関係など)の大切さや影響が詳しく書かれています。おもしろく読めました。

 

<追記 2017.1.9>

ちきりんさんのエントリーでこんなのもありました。明快です!ほんとそうだなー!

d.hatena.ne.jp